プラハ旅行におすすめの観光地


1

画像参照:Moyan Brenn

プラハはチェコ共和国の首都で、政治・経済・文化の中心地でもあります。

街の中心にはクラシックの名曲としても有名なモルダウ川が流れ、
プラハ市内を見下ろす丘には名高いプラハ城が建ち、市内の至るところに様々な建築様式の建造物が点在しています。

このように見どころが多く、しかも世界でも有数の美しい街として知られているプラハは、
近年日本から旅行で訪れる観光客が増えてきています。

この街への旅行で見逃せない観光地の筆頭は、プラハ城といわれています。

歴史を感じさせる重厚な建物であるこの城の中には、聖ヴィート大聖堂や旧王宮などの見どころがいっぱいです。

聖ヴィート大聖堂は、10世紀後半にはすでにこの地にあり、現在のゴシック様式の大聖堂となったのが14世紀の中頃です。

荘厳で作りこまれた装飾も圧巻ですが、観光客が最も目を奪われるのが7色の光が内部に差す
ステンドグラスといわれています。

このステンドグラスは、チェコ出身の画家ミュシャが手がけたものがあり聖ヴィート大聖堂の目玉となっています。

この他の観光地で見逃せないのが、しばしば絵に描かれ、また現代では映画やCMの舞台ともなったカレル橋です。

カレル橋の欄干には、30人の聖人像が並んでいます。

その中の「聖ヤン・ネポムツキー像」は最も古い像として知られていますが、
実はこの像の台座の銅のレリーフに触れると幸運になるという言い伝えがあり、
観光客や地元の人がたくさん集まっています。