旅行者に人気のプラハのごはん


2
画像参照:Ralf Smallkaa

プラハは世界一美しい街の一つとして知られており、世界中から多くの旅行者が訪れます。
また、美しい街並みだけでなく、美味しいごはんもプラハの魅力の一つです。
プラハには美味しい料理がたくさんありますが、特に旅行者からの人気が高いごはんには以下のようなものがあります。

「スヴィーチコヴァー」は、茹でた牛ヒレ肉、じっくりと野菜を煮込んで作ったシチュー、
クネドリーキ(チェコ特有の蒸しパン)を組み合わせた料理で、
クランベリーソースと甘くないホイップクリームをかけて食べます。
この料理はチェコを代表する料理とされています。

「グラーシュ」はハンガリーが起源の牛肉を使ったシチュー料理ですが、
チェコ独自のアレンジを加えたことにより現在ではチェコを代表する料理の一つとされています。
ハンガリーのグラーシュはスパイシーですが、チェコのグラーシュはマイルドで日本のビーフシチューに似た味です。

「タルタルステーキ」は、チェコでは様々な香辛料を混ぜて好みの味にしてからニンニクをこすりつけた揚げパンに
つけて食べます。上質の赤身肉のみを使うので、良い肉がない時はメニューにないこともあります。

チェコの魚料理はコイやマス、カワカマスなどの川魚が中心です。中でも一番よく食べられるのがマスで、
香草焼きやフライなどが人気があります。また、日本ではコイというと泥臭いイメージがありますが、
チェコのコイは臭みがないので人気があります。