プラハ旅行の楽しみ方


top

画像参照:Moyan Brenn

チェコ共和国はヨーロッパの中央に位置する内陸国です。チェコには歴史ある建築物がたくさん残り、
旅行者にも人気があります。世界遺産にもたくさん登録されており、チェスキー・クロムロフやクトナー・ホラ、ゼレナー・ホラの巡礼聖堂などがあります。チェコの中でも最も人気なのが、プラハ歴史地区です。
プラハは現在のチェコ共和国の首都であり、かつて14世紀にカレル4世のもとで黄金時代を迎えました。
そんなプラハの楽しみ方や旅行情報をご紹介します。

チェコまでは日本からの直行便はなく、ヨーロッパの各都市などで乗り継ぎが必要になります。言語はチェコ語ですが、ホテルや観光地では英語が比較的通じます。通貨はコルナで、日本での両替も可能ですが、現地の空港や駅などでも可能です。ビジネスアワーは、銀行や郵便局は日本と同じく平日9時~5時まで土日は休みといったところが多いです。
しかし商店などは日本と違い、日曜祝日休みの店が多いので気を付けた方が良いでしょう。
プラハの観光スポットの一番のお勧めは、街のシンボルでもあるプラハ城です。9世紀に城の建築が始まり、幾多の変遷を経て14世紀には現在の偉容に整えられました。城内は旧王宮・聖ヴィート大聖堂・修道院などが建っています。
ムハによるステンドグラスや、完成当時ヨーロッパ最大のホールであった旧王宮内のヴィラディスラフホールなどが見どころです。
そしてプラハでもう一つのお勧めスポットは旧市街です。街の心臓部である旧市街広場には、宗教改革の先駆者であったヤン・フスの銅像やゴシック様式の美しい建物のティーン教会、ユニークな建物の旧市庁舎などがあります。
また広場から少し歩いていったところにある市民会館も街を代表する建物の一つです。市民会館内部は、アールヌーヴォーの華麗な装飾が施されておりガイドツアーで見学できます。

さらにお勧めスポットにはヴルタヴォ川にかかるカレル橋やユダヤ人地区、ビロード革命でも記憶に新しいヴァーツラフ広場などもあります。

そして夜には、クラシックコンサートやオペラ・バレエなどの芸術観賞がお勧めです。チェコはクラシックが盛んな国であり、レベルの高い演奏や劇などが楽しむことができるでしょう。クラシックに興味がない方には、もちろんレストランやバー、ディスコなどもあり様々な夜の過ごし方ができます。またチェコは人形劇も盛んなのでこちらも旅行者に人気です。

海外ホテル予約サイトおすすめ

ハワイの格安ホテルサイト | グアムの格安ホテルサイト |ソウルの格安ホテルサイト